交通事故にあってしまったら…

THE LIFE

交通事故に遭った場合、保険に入っていれば保険会社がいろいろと
対応してくれるので、弁護士は必要ないと考えている人は多いと思います。

対応して

しかし、ご存知のように保険の内容に「弁護士特約」というものがあるぐらい、
この特約を利用するケースも少なくありません。 

 

例えば交通事故で脳梗塞になった場合、因果関係を報告しなければならないのですが
それが難しいこともあります。自分も治療中で、資料を集めたりする余裕がなかったり、
そもそもどういう資料を集めてよいのか見当もつきません。


保険会社は業務的な指示を出すだけで、親身になって考えてくれるわけでは
ないのです。しかし、弁護士に依頼することで、できる限りこちらの有利に
なるように考えてくれたり、迅速に必要な情報を揃えてくれるのです。

心配なく

交通事故に強い弁護士の場合、どのように報告すればいいのかなど
ノウハウを熟知しているので、事故に遭った方は交渉の仕方や
資料の作成、治療費などの心配をすることなく、治療に専念することができます。 

 

ちゃんと保険が下りるのだろうかとか、保険に提出する書類を
どのように作成したらいいのかといったことがいろいろわかりにくく煩わしいのですが、
弁護士を利用すればこの心配が一気に解決します。


交通事故に遭ったときに誰よりも頼れるのは弁護士です。
費用面を気にして保険会社に任せていると、知らない間に損をしてしまうかもしれません。
頼れる弁護士を見つけておきましょう。