交通事故にあってしまったら…

THE LIFE

車を運転する人にとって、交通事故というのは常に隣り合わせになっているものです。
しかし、そうは分かっていても、どこかで他人事だと持ってしまう部分もあるのではないでしょうか。
そういった油断や慢心が大きくなったとき、突如として事故は発生します。

自分が気をつけていても、他からの事故に巻き込まれる可能性も十分にあるのです。
万が一事故に遭って、被害者になってしまったらどうすれば良いのでしょうか。

 

交通事故に遭ってしまった場合に、被害者は加害者に損害賠償金を
請求することができますが、ほとんどの場合は加害者が加入している
保険会社を通して保険金から損害賠償金が支払われることになります。


しかし、保険会社は自分の会社の利益を優先する傾向があるため
被害者にとっては損害賠償金の金額を抑えられたと感じることは少なくありません。

要求する

そんなときは交通事故の損害賠償金の問題に強い弁護士に
示談交渉の代理人になってもらうと、解釈によって金額に差が生じる
慰謝料について、保険会社のスタッフに被害者にとって妥当な金額にするように
強く要求することができるようになります。

基準がある

保険会社が提示する慰謝料の金額は保険会社が独自で定める基準によって
計算していますが、弁護士は裁判基準に基づいた基準で慰謝料を計算することが
できるので、金額を抑えられている分が明確に浮き彫りになります。

 

保険金を抑えられたと感じたときには弁護士に相談するのが最善策です。