交通事故にあってしまったら…

THE LIFE

交通事故に遭ってしまった場合に、相手側から、または相手が加入している
任意保険会社から、示談を提示されることは決して少なくありません。

事故に

納得できる内容であれば話は別ですが、少しでも妥当かどうか
悩んだ場合には、弁護士に相談することが得策といえます。


また、よくわからないからと相手の言うままにするのも良くありません。
もっともらしいことを言われて納得してしまったり、あるいは平和的に
解決したいあまりに簡単に相手の要求を受けてしまうと、知らない間に
大きな損をしてしまうこともあります。


専門的かつこちらのためになるアドバイスを求めるのであれば
保険会社ではなく弁護士に頼るべきです。


一般的に示談で提示される内容は、弁護士が介入した場合よりも
妥当ではないことが多く、そのまま交渉を終えてしまうと、本来得ることができたはずの
金銭や対応などがないままに、双方が納得して解決したことになってしまいます。

 

こうしたことにならないようにするためには、提示された示談内容に
納得できなければ、できるだけ早く弁護士に示談交渉を依頼することが大切です。

 

依頼者の権利や主張を最大限に相手側に対して主張してくれるため
正当な対応や金銭を受け取ることが可能になります。

主張する

交通事故に遭ってしまった場合には、相手側から示談を提示されることも
少なくありませんが、回答する前によく考え、必要があれば弁護士に相談するとよいでしょう。