交通事故にあってしまったら…

THE LIFE

交通事故に遭って怪我をしたときには、加害者に対して損害賠償金を請求することができます。
実際に損害賠償金を受け取るためには加害者が加入している保険会社と
示談金について交渉する必要があるのですが、最初に加害者が加入する
保険会社が提示する示談金が妥当かどうかは、被害者には交通事故の
損害賠償金についての知識がないため分かりません。

交渉する

そんなときには、示談交渉の代理人に交通事故の損害賠償金についての
専門家である弁護士を立てると、示談金が妥当であるかを判断できるだけでなく
妥当な金額の示談金でない場合は、妥当な金額の示談金を獲得するために
加害者が加入する保険会社と合意に至るまで粘り強く交渉をしてくれます。

話し合うために

そのため、損害賠償金の示談交渉の代理人には、交通事故の損害賠償金についての
専門家である弁護士をたててお任せすることによって、妥当な示談金で加害者が
加入する保険会社のスタッフと合意に至ることができるようになります。


加害者も保険会社もできるだけ自分たちにとって有利になるように
話を進めようとするため、こちらの主張をまともに受け入れようとしなかったり
時には無理矢理話を進めようと高圧的に言われることもあります。


こういったやりとりにはかなりの労力を必要とするため、最終的には
疲労に負けて相手の言うなりになってしまったという人も多いようです。


自分の良い分を正当に通すためには、弁護士に頼るのが一番なのです。