交通事故にあってしまったら…

THE LIFE

いつどこで起こるかわからない交通事故は、トラブルに発展することも多く
非常に厄介な事態になることもよくあります。


当事者同士だけでなく、第三者が介入することによって更にややこしくなり
自体が収集するまでにかなりの時間と労力を必要とされます。
そうなると日常生活にも支障を来たし、仕事も手につかなくなったりと
正に百害あって一利なしの状態になってしまいます。

交通事故の損害賠償について示談が成立せず、民事調停でも物別れに
なってしまったときには、民事訴訟によって決着を付けることになります。

けりをつける

手間がかかったり費用がかさんだりするために、交通事故の加害者は
もちろんのこと、被害者にとっても、このような事態は回避したいと
考えていることが多いのですが、加害者が主張する内容と
被害者が主張する内容との間に非常に差があるときには
最終手段として民事訴訟に被害者は踏み切ることになります。

一般的な

交通事故の民事訴訟に発展するときには、当事者である加害者に
尋問をしに行ったり、目撃者に法廷で証言してもらったり、現場の検証や
鑑定した結果などを立証する必要があるので、被害者が弁護士に
代理人を依頼するだけでなく、加害者も弁護士に代理人を依頼するのが
一般的となります。

 

そのため、弁護士は交通事故の民事訴訟の場で加害者に尋問したり、
民事訴訟の準備として自分の主張を立証するための証拠集めなどに
活用されることとなります。