メインイメージ

THE LIFE

交通事故によるむちうち症は多くの場合事故当日に現れることはなく、後から痛みや耳鳴り、めまいや吐き気など様々な苦しい全身症状となって現れます。軽症でも治療に時間がかかり、また不定愁訴が消えないこともあります。被害者の一番の不安は症状が消えるまで十分な費用を負担してもらえるかということに尽きると思います。

保険会社は早めに症状固定し示談にしたいと考えます。症状があるうちは医師の診断書を元に治療費が打ち切られないように保険会社と交渉しなくてはなりません。

交通事故に強い弁護士に依頼すると交渉もスムーズです。示談成立後に追加で後遺障害の賠償請求ができるかどうかについては示談の内容次第になりますので、後日後遺障害が認定された場合に別途協議や賠償請求ができるという文言があるかどうかは重要です。

保険会社から急かされたり、治療費打ち切りの心配があると焦ってしまいがちですが、保険会社の言うことが全て正しいとも限りません。

弁護士への相談は交渉をスムーズにし、要望を通すための近道です。