メインイメージ

THE LIFE

交通事故に遭ってしまった場合に、被害者は加害者に損害賠償金を請求することができますが、ほとんどの場合は加害者が加入している保険会社を通して保険金から損害賠償金が支払われることになりますが、保険会社は自分の会社の利益を優先する傾向があるため、被害者にとっては損害賠償金の金額を抑えられたと感じることは少なくありません。

そんなときは交通事故の損害賠償金の問題に強い弁護士に示談交渉の代理人になってもらうと、解釈によって金額に差が生じる慰謝料について保険会社のスタッフに被害者にとって妥当な金額にするように強く要求することができるようになります。

保険会社が提示する慰謝料の金額は保険会社が独自で定める基準によって計算していますが、弁護士は裁判基準に基づいた基準で慰謝料を計算することができるので、金額を抑えられている分が明確に浮き彫りになります。

保険金を抑えられたと感じたときには弁護士に相談するのが最善策です。