メインイメージ

THE LIFE

一般的に、交通事故で訴訟を起こし裁判まで発展するケースは全体の1割に満たないとされています。基本的には双方の話し合いが行われ示談で終わる事が多くなっています。

また示談が上手くいかない場合でも、交通事故紛争処理センターによる示談の斡旋や民事調停で解決する事が一般的になっています。しかし無免許運転や飲酒運転などの重大な過失があった場合には、示談金が高額になる傾向が見られますので訴訟沙汰になるケースも珍しくはありません。

またその場合には弁護士に依頼する必要があるのですが、これは非常に大きなポイントになっています。と言うのも基本的には保険会社の担当者は慰謝料などの金額を自賠責や任意保険などの低い金額で提示する事が多いので、出来る限り有利にするためにも弁護士に依頼する必要性が生じます。

したがって交通事故で裁判に発展した場合には、なるべく経験豊富な弁護士に依頼する事が重要なポイントになるとされています。