メインイメージ

THE LIFE

交通事故の被害者・加害者になった場合に弁護士を代理人にする利点を説明させていただきます。

【1】、弁護士から適切なアドバイスを受けられる。自分で解決をしようとすると、保険会社との交渉がこじれたりと不利益が発生することがあるので、できるだけ早く相談しましょう。

【2】、損害賠償請求、慰謝料が増額される。保険会社側は被害者へ支払う賠償金はできるだけ低くしたいという考えが基本的です。しかし、弁護士を代理人にすることでしっかりと話し合いができ、賠償金が増額することができる場合があります。

【3】、依頼費用はあまりかからないことが多い。弁護士に頼むと費用が高いと思われますが、現在は、料金の明瞭会計化されていて、気軽に相談できるようになっています。ただ料金だけで選んではいけないことも考えなければいけません(被害者の利益を考えてくれる人かがポイントです)。

【4】、保険会社、加害者との交渉を代理してくれる。自分が話し合いをしなくてもいいです。

【5】、示談書作成から示談書の準備が任せられる。

自分で書類を作るのは大変です。その手間がなくなります。以上の点から、交通事故の際は相談をすることをお勧めします。