メインイメージ

THE LIFE

交通事故に遭って怪我を負って被害者となった場合は、加害者に対して損害賠償金を請求することができます。実際に損害賠償金を受け取る為には、ほとんどの場合示談交渉を行い、加害者が加入している保険会社が示談金として具体的な金額を提示してきます。

ここで提示した金額に同意してしまえば、そのまま受け取れる損害賠償金の金額が確定していますが、提示された金額が妥当なものであるかどうかが分かりません。

そこで、交通事故の法律について熟知している弁護士に相談すると、自分が受け取るべき損害賠償金の妥当な金額が分かるというメリットがあります。しかし妥当な金額が分かるだけでは実際に妥当な損害賠償金を受け取ることはできません。

そのため、示談交渉において、加害者が加入している保険会社と妥当な示談金の金額で合意にこぎつける交渉力がある弁護士を示談交渉の代理人に立てる必要があります。

弁護士が代理人になることによって妥当な示談金を得ることができるメリットがあります。