メインイメージ

THE LIFE

交通事故が起きた際の弁護士の活用法を説明します。

交通事故が起きた場合、まず保険会社に受任通知を作成をお願いします。これで依頼者が弁護士に処理をお願いしたという通知になります。受任通知には、賠償請求(金額とその金額に対する理由)が記載されています。事故の内容とこの賠償請求でお互い納得する場合は、これで示談が終わります。ただ、受任内容で納得がいかない場合は示談決裂になり、民事訴訟(裁判)での話し合いになります。

この場合も個人でやるのではなく、弁護士に頼んで行うことをお勧めします。民事裁判が起きて、相手側が弁護士を代理人として雇った場合は、本人だけでは相当苦しい戦いになり、勝てる可能性も高くないです(中にはを雇うお金がないなどの理由で雇わない方もいますが、逆に話がこじれて不利益が発生する場合があります)。

民事裁判の場合、公判が終わった後に、裁判の場でなくても原告と被告が話し合い、そこでお互いが納得した場合、いつでも和解が出来るというメリットがあります。

以上のことを踏まえて、交通事故の話し合いは個人で行わないことをお勧めします。